さいたま市西区の内科,消化器科,リウマチ科なら、けやき医院

埼玉県さいたま市西区中野林643

【休診日】土曜午後・木曜・日曜・祝日

大宮駅よりお車で10分駐車場3台

内視鏡

専門医による苦痛が少ない内視鏡検査

当院では、内視鏡専門医による検査を行っております。

検査前には一度ご来院が必要となります。

胃の中の様子を観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と大腸の中の様子を観察する下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)の両方を行っております。

胃の内視鏡検査(胃カメラ検査)

上部消化管内視鏡検査では、食道、胃、十二指腸の様子を内視鏡で観察します。
表面の粘膜の状態の出血、炎症具合や腫瘍の有無などを確認し、その後の治療方法の決定に役立てるのが主な目的です。

 

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡は肉体的・精神的な苦痛が少ないのが特徴です。
これまで胃カメラ検査で用いられてきた内視鏡は、径が太いため口を経由して胃カメラを胃に挿入する必要がありました。そのため舌の根元で「おえっ」となる咽頭反射が起きその嘔吐感から非常に辛いものでした。
一方、経鼻内視鏡は径が細いので、口ではなく鼻を経由して胃カメラを胃に挿入することができます。
嘔吐感が少ないので肉体的・精神的に、通常の内視鏡検査よりも苦痛が少なく検査を行うことができるのが特徴です。

 

経口内視鏡検査

経口内視鏡検査では、胃カメラを口から挿入します。
経口内視鏡で用いるカメラは、経鼻内視鏡で用いるカメラに比べて径が約 3m 程度太いため、患者さんによっては酷い嘔吐感のある場合があります。
しかし、静脈麻酔を併用することで苦痛を抑えた状態で検査を行うことができます。
経口内視鏡の大きな利点は光源の明るさにあります。
光が強ければそれだけ消化管内の観察がしやすく、また、時間も短くて済みます。

 

ピロリ菌検査

胃カメラで胃の中を調べている際、胃の状態をより詳しく調べる必要がでてくることがあります。その際は、内視鏡に備え付けられている生検鉗子という小さな機器で胃の内壁の一部を少しだけ取り、細胞の診断をいたします(病理検査)。
病理検査は専門の病理医が行い、ピロリ菌の存在、癌細胞の有無などを確認いたします。

大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)

内視鏡を肛門の中に挿入し、大腸の中の様子を観察する検査です。
万が一病変が見つかった場合、その場でポリープを切除することもできます。
日帰り内視鏡手術も行っておりますので、お問い合わせください。